コロナ禍でも大丈夫!?池袋のガールズバーで感染対策と今後の楽しみ方を検証

編集長
コロナ時代でも頑張るガールズバーに行ってきました!!

新型コロナウイルスの影響で夜の街はいま大打撃を受けています。

「接待を伴う飲食店」という名目で指定されたキャバクラやクラブ、スナック。そして何よりもイメージダウンになってしまったのが僕も大好きな「ガールズバー」です

あの志村けん氏は生粋のガールズバー好きとして有名で、ガールズバーが感染源などといういわれのない噂までも広がってしまいました。

このコロナ禍の中で今後のガールズバーはどうなってしまうのでしょう。

緊急事態宣言が明けた6月の夜、いち早く営業を再開した池袋のガールズバーを突撃!!

いまガールズバーで働く女の子たちの生の声を聴き、今後のガールズバーの楽しみ方を考えてみました!!

池袋ガールズバーの現在は

コロナでの緊急事態宣言が明けた6月の池袋。

徐々に飲食店もオープンしている中、東京では「ステップ3」として依然自粛を促されている「接待を伴う飲食店」。

コロナ感染の多くは夜の街での感染が多いと言われており、キャバクラやクラブは大きな痛手となっている。

実際、現在のガールズバーはどうなっているのか。

池袋を歩いてみると、緊急事態宣言中はその姿を消していたガールズバーのキャッチの女の子たちが街に戻っていた!

「飲み放題3000円です~」

「ガールズバーどうですか~!」

みんなマスクはつけているものの、可愛い制服姿のお店からメイドさんの姿まで。

池袋らしい光景が既に復活しているではないか!

中にはいまだに自粛を継続している店もあるようですが、現在の池袋ではほとんどのガールズバーが居酒屋と同様に営業を再開していました!

なぜ、ガールズバーは営業できるのか・・

そうです。僕は大きな勘違いをしていました。

編集長
ガールズバーは風営上「居酒屋」や「バー」と同様のただの飲食店なんですね。

女の子が着席して横に座るような接待はないので、「接待を伴う飲食店」には該当しないわけです。

つまり、普通のカウンターバーと同様の扱いで営業は再開できているというわけです。

この日の池袋でも夕方ころからお店が徐々にオープンしているようでした。

早速、僕も数ヵ月ぶりにガールズバーへ突撃してきました!!

コロナ感染対策をするガールズバー店

池袋は東も西もガールズバーの超激戦区です。
この日、東口の界隈を歩いてみましたが、多くのお店が再開していました。
いらっしゃいませー!!
今回は夜の20時ころ、東口のとあるガールズバーにお邪魔しました。
店内に入ると入り口にアルコール消毒液がおかれ、ここで手を消毒します。
入り口には「熱や具合の悪い方は入店を控えてください」の文字。
飲食店同様に感染対策はおこなっているようですね。
その後、額で検温をする体温計で熱を計測され無事に入店することができました。
つまり、熱などの症状が出ている方の入店自体はお断りのようです。
お店に入ると、それ以外は以前と変わりないガールズバーでした。
(中にはカウンター越しにビニールシートの仕切りをしている店もあるようです)

恐らく、一般的な「カウンターバー」が行う感染対策はどのお店でも徹底されているようでした。

コロナ禍でのガールズバーの現状を聞いてみた

この日は平日の夜、店内は僕以外に一人だけ中年の酔った常連風の男性が。

普段ならこの数倍はいるであろうお客さんもコロナの影響か、かなり少なくなっているようでした。

この日、最初にカウンターについたのは22歳の可愛い制服姿の女の子!

接客時はマスクはしておらず、僕も店内ではマスクは外していました。

編集長
最近、再開したんですか!?
緊急事態宣言が明けてからオープンしました!まだお客さんは少ないですけどね・・
お店を再開しても、お客さんは激減しているようですが、それでも徐々に常連さんは戻ってきているようです。

この日も僕が入店した後にもう2組ほどの客がきていたので、売り上げは維持できているようでした。

今までガールズバーに通っていた人たちにとって、数ヵ月の自粛は限界だったのだと思います・・!

みんな外で女の子と飲みたいのは同じですからね、、

僕も久しぶりに可愛い女の子と対面で飲むことができて心が弾みます。

自粛で路頭に迷っていた女の子

限界だったのは僕らでけではなく、女の子も同じのようでした。

編集長
自粛中は何してたの!??
もうヤバかったんですよ。仕事ないから日払いのバイトとかしてました(笑)
4月から店を閉めていたこのお店の女の子も急に仕事がなくなった影響で一時路頭にまよったとのこと。
流石にお金がなさ過ぎて「工場の軽作業」「パチンコ屋の短期バイト」などで生計を立てていたのだとか。
自粛中に開店しているパチンコ屋で働くのも笑えますよね。
ガールズバーで稼いでいたのだから、少しは貯金があるのかと思いきやほとんどお金は使っていたという彼女(笑)
明日のお金もないような状況で家賃も払えずに短期バイトをしていたようですw
お店が再開したことによって嬉しいのはお客さんだけではなくキャストである女の子も同様のようですね。

感染リスクは高いのか!?実際に聞いた界隈事情

ただ、コロナ時代にガールズバーに通うことも働くこともお互いに不安はあると思います。

現状でガールズバー界隈の感染状況はどうなっているのでしょう。

編集長
ガールズバーで働くのに不安とかはなかったの?
怖いとは思いますけどね。いまのところ感染の話はきいたことないです。
彼女自身、この店も周りの店でも界隈のガールズバーが「コロナ感染」したという情報は知らないようです。
どっちかというとキャバクラとかホストがヤバいって聞きました。
彼女の友達の情報では、新宿や六本木のキャバクラでコロナ感染があったとのこと。
お店の構造やウィルスの特性なのか、やはり距離の近い接待や多くの人が密集しているお店のほうが感染リスクは高いようですね。
「接待を伴う飲食店」には当てはまらないガールズバーは、それらと比べると感染リスクは低いのかもしれません。
ただ、女の子もお客さんも「無症状」であるケースもあるわけで、全くリスクがないとは決して言えない状況でもあります。

今後のガールズバーの楽しみ方を考えてみた!

感染対策を徹底して楽むしかねぇ!!

これはどんなお店でも言えることですが、コロナ禍の時代においては双方で感染対策を徹底するしかありません。

外食すること、人と関わる時点で感染リスクはゼロではないわけですからね。

ただ、僕らのオアシスであるガールズバーをつぶしてはいけません!!

特に僕のような30代以上の男が若い女の子と手軽な料金で飲めるガールズバーは日ごろのストレスを癒してくれる場所。

編集長
今後もできるだけ感染リスクを減らして楽しんでいきましょう!
今回は当メディアなりに今後のガールズバーの楽しみ方を考えました。
  • 手洗い、アルコール消毒後の入店
  • 熱や体調が悪い日は行かない
  • 混雑したお店を避ける
  • 長時間の滞在を避ける
  • 女の子と一定の距離を空ける
  • 手で自分の顔を触らない
特に気を付けるべきは、入店前の手洗いと、入店後の「手洗い」「うがい」です。
万が一コロナのリスクがあっても、入店後にすぐ「手洗いとうがい」をすればかなり感染リスクは減らせると思います。
また長時間の滞在は控え、定期的にトイレでの手洗いなどを徹底しましょう。
お酒を飲んでいると気が緩んでしまう部分もありますが、これだけを意識すればいいと思います。
別に濃厚な接触サービスがあるわけではありませんからね!
カウンター越しでも女の子とは以前よりも距離感を意識してみましょう。
また、左右の席にお客さんがいるような混雑したお店は控えるのが無難ですね。
今後の状況によっては女の子が「フェイスシールドをつけて接客」なんて店も出てくるかもしれませんww
編集長
とにかく、女の子を守る意味でも徹底したリスク管理をしてほしいですね。
今回は「ガールズバー」の今を徹底特集しました。
夜の街が今までのように活気あふれる時代が早く戻ってきてくれるよう願うばかりです!!
編集長
☟この記事が気に入った方は是非SNSでシェアください!!
>即日ヤレるネトナンマニュアル配信中!

即日ヤレるネトナンマニュアル配信中!

ネットナンパの極意と誰も知らない裏技をnoteで公開中!出会い系ネトナン歴10年、お持ち帰りした女の子は100人を達成した当メディア編集長による30代からでもヤレる最強マニュアルは必見です。

CTR IMG